『黑の書』

クリックで画像を表示
お一人様一冊まで
『黑の書』
著者 : クラーク・アシュトン・スミス
編纂 / 監修 : 大石 大一郎
翻訳 : 大石 努
協力 : 大網 鐵太郎
刊行 : 念黝之神根院書局
発行部数 : 150部
販売開始 : 2020年5月19日
判型:B6版 カバー装 184p
価格 : 5,000円

ウィアード・テールズ三羽烏のうちのひとり、クラーク・アシュトン・スミス ファン必携の本『黑の書』が刊行となります。スミスの小説を観賞するのに、絶対に欠かせない一本です。また、ラブクラフトファンや、クトゥルフ神話マニアも買い逃すと、後悔しまくりの本です。スミスの手稿に、注釈に、これまでの国内でのクラーク・アシュトン・スミスの刊行情報を付加して、より詳しくしました。スミスの覚書が、どう小説として、昇華されるのかが、ハッキリとわかります。究極のファンBOOK刊行。小部数での刊行となります。


  • 価格:5,000円
  • 売切。通販再開未定。