舊幕與力 彌太吉翁實話 亂刀

クリックで画像を表示
お一人様一冊まで
舊幕與力 彌太吉翁實話 亂刀

著者:泉斜汀
原案:佐久間長敬
編纂/校訂:杉山淳・小川みお・善渡爾宗衛
定価:8,000円(100部)

2019年7月20日発売



   舊幕與力から聞いた実話を、泉鏡花の実弟である泉斜汀が、捕物帳として、岡本綺堂と同じ時期に連作として書いていた。譚〔ものがたり〕は、元與力でもある佐久間長敬こと、彌太吉老人がモデルである。泉斜汀は、その彌太吉老人の聞書を豪華絢爛華麗な筆致で纏めあげた。今回、我刊我書房の『亂刀』収録の三本と、幻戯書房『百本杭の首無死体』収録の三本とは、乾坤対になって「彌太吉老人捕物帳」として、ここに再発見、集大成された。なかでも中編「亂刀」は、泉鏡花ばりの極上な情痴小説として、谷崎潤一郎の「お艶殺し」のように、ひとつの頂点〔ピーク〕として、燦然と輝いている。なお、同書には、短編「佐官の土」「金時金平」を収録する。