泡沫の歌 森鷗外と星新一をつなぐひと

クリックで画像を表示

編者署名本

書名:泡沫の歌

   森鷗外と星新一をつなぐひと
著者:小金井喜美子
編者:星マリナ
刊行:2018年1月26日
(小金井喜美子の62回目の命日)
発行:新潮社図書編集室
(星ライブラリによる自費出版)
価格:1001円
部数:限定3000部
判型:新書
(ホシヅル文庫2)
頁数:200ページ
ISBN:978-4-10-910107-3


カバー&本文イラスト:YOUCHAN
(トゴルアートワークス)
本体表紙イラスト:正宗得三郎
本文デザイン:村松道代

※本体表紙は、正宗得三郎さんによる『泡沫千首』(1940)の装幀をモノクロで再現したものです。


CONTENTS

第一部

幼少の星新一が子守唄がわりに聴きながら眠った喜美子の和歌 306首

第二部

随筆、日記、手紙、写真等のリレーでつなぐ森鷗外と星新一  26項目
•喜美子のエッセイと訳詩
•鷗外の日記と喜美子への手紙。ふたりの歌のやりとり
•新一のエッセイと、喜美子との写真
•与謝野晶子が喜美子の歌集に寄せた序文・序歌
•森於菟のエッセイ など

どちらも日本を代表する作家でありながら、時代もジャンルもちがい、一緒に語られることがない森鷗外と星新一を、子孫の「下から目線」で一緒に語る初の試み。(編者の星マリナは、星新一の次女、小金井喜美子のひ孫、森鷗外の曽姪孫)



書籍詳細は星新一公式サイトも合わせてご参照ください。

http://www.hoshishinichi.com/


ホシヅル文庫第1弾『三十年後』(星一・著)も
販売中です。
http://seirindousyobou.cart.fc2.com/ca4/118/p-r-s/