『造園学のリボンをつけた家』田中啓介モダニズム作品全集

クリックで画像を表示

お一人様一冊まで


書名:造園学のリボンをつけた家

 ――田中啓介モダニズム作品全集

著者:田中啓介

校閲:善渡爾宗衛

資料協力:カトウジン

解説:沼田とり

表紙デザイン:夏目ふみ

判型:A5版・160頁

定価:6,000円

刊行:2017年3月11日

限定100部


まぼろしの「少年ダダイスト田中啓介」。

稲垣足穂の「バンダライの酒場」は、大正十四年五月発行『ゲエ・ギムギガム・フルルル・ギムゲム』 に掲載されました。その足穂の紹介で田中啓介は、「こはれた玩具の話」によってデビューし、大正の末から昭和の初期にかけて、彗星のように駈けぬけました。石野重道にも連なる田中啓介は、その掲載誌が『G・G・P・G』『文芸耽美』『クロネコ』『ドノゴトンカ』『狐市街』『MAVO』『戦車』『薔薇魔術学説』『影』『海の晩餐』など、どれも、超稀購モダニズム同人誌への執筆ばかりでしたので、作品の収集は絶望的だとされていました。今回、北園克衛研究家であるカトウジン氏の協力により、東都我刊我書房で、はじめて、詩・コント・小説・散文が集成されることになりました。解説は、稲垣穂足の研究家である沼田とり氏にお願いしました。極小部数での発刊となりますので、お買い逃しの なきよう、よろしくお願い申し上げます。