『マンゾーニに会いに』イタリア文藝叢書‐5

クリックで画像を表示
お一人様一冊まで
『マンゾーニに会いに』
イタリア文藝叢書‐5

著者:デ・アミーチス・他
編訳:吉本奈緒子、わかな愛理、
   香川真澄
発行元:創林舎
判型:A5版・170ページ
価格:1,650円(1,500円+税)
発行:2020年3月

 本邦初のイタリア・エッセイ集です。ノーベル文学賞作家2名を含む、ジョヴァンニ・ヴェルガからダーチャ・マライーニまで全13作家の19作品を生年順に収めます。エッセイ集ですが、コラム、旅行記、日記、ルポルタージュ、手紙、インタヴューなどさまざまなテキストから成ります。1作を除くすべてが本邦初紹介です。


マンゾーニに会いに
 :イタリアエッセイ集
◆目次◆


■ 第一部: 近代編
▪光陰!
 G・ヴェルガ         
▪マンゾーニ家を訪ねて
 E・デ・アミーチス
▪瀕死のナポリ
 М・セラーオ
▪街の春
 A・ネグリ
▪羽根と石
 A・ネグリ
▪さいしょの時
 A・ネグリ 
▪サルデーニャ島の伝説について
 G・デレッダ
▪ジョヴァンニ・ヴェルガへの手紙
 М・メッシーナ

■ 第二部: 現代編
▪ドロミテ峡谷の地霊
 D・ブッツァーティ
▪でも、UFОは存在しないんだ
 D・ブッツァーティ
▪もし、まだ生きていたら...
 D・ブッツァーティ

▪カフカの影
 D・ブッツァーティ
▪アブルッツォの冬
 N・ギンズブルグ
▪愛書狂:ビブリオマニア
 L・シャーシャ
▪演劇のこと・妻のこと・少年時代のこと
  D・フォ
▪舞台『アナーキストの事故死』を語る
 D・フォ
▪人さまざま
 G・アルピーノ
▪ピエール、会いにきて
 A・メリー二
▪もし、あなたが本気で作家になりたければ…
 D・マライーニ

〇マンゾーニの子供たち-あとがき
〇trsti(出典)


  • 価格:1,650円
  • 売切。通販再開未定。