『夜の挿話(エピソード)』イタリア文藝叢書‐4

クリックで画像を表示
お一人様一冊まで
『夜の挿話(エピソード)』
イタリア文藝叢書‐4
著者:ディーノ・ブッツァーティ
訳者:香川真澄
発行元:創林舎
判型:A5版・162ページ
発行:2017年
価格:1,650円(1,500円+税)

 フェデリコ・フェリーニやアルベール・カミュから絶賛され、イタリア文学の三大個性の一人と謳われたブッツァーティを短編・エッセイ・戯曲の三面から捉えたオリジナル作品集です。「フェリーニ監督の神秘体験」など全12作品を収録。

夜の挿話(エピソード) 
目次
1、フェリーニ監督の神秘体験
2、夜の挿話
3、岩礁
4、ラブレター
5、誰も信じない
6、いつわりの報告
7、追越し
8、ヴェネト州の三つの物語
9、UFО―-われらが時代の悪魔
10、窓
11、ひとり、家の中で
12、10月12日に何かが起こる?

〇ステュクスの岸辺で―-後書きに替えて
 香川 真澄
〇testi(原書出典資料)

  • 価格:1,650円
  • 売切。通販再開未定。