初稿 半七捕物帳 参 『半七捕物控 雑誌輯 壱』

クリックで画像を表示
お一人様一冊まで
初稿 半七捕物帳 参 
『半七捕物控 雑誌輯 壱』

著者 : 岡本綺堂
編纂 : 善渡爾宗衛
カバー : 小山力也
(乾坤グラフィック)
刊行 : 東都 我刊我書房
定価 : 6,000円


前期『半七捕物帳』の「文藝倶楽部」連載以外の雑誌掲載作品集となる。稀購雑誌、探偵雑誌の『山祝い』から、週刊朝日の「異人の首」をまで納める。また、新小説『踊りの浚い』、婦女界『広重の絵』、婦人世界『雷獣』については、現在の形での初稿となる新作社『半七捕物帳』からの『少年少女の死』『広重と川獺』『雷獣と蛇』三本を春陽堂版以前の参考ヴァリアントとして収録しました。付録として、エッセイ、新青年『江戸文学に現れた探偵物語』も入れた。